とっておきの笑顔を見せるスゴ技イメージ

執筆者: 末吉 輝彦

とっておきの笑顔を見せるスゴ技

勝手に”スゴ技”認定しました

最近、「街の中は顔でいっぱい」という新聞記事を目にしました。

それによると、人間は「目、鼻、口」と似た位置関係にあるパターンを<!–more–>

人の顔と認識してしまう傾向があるという。

赤ちゃんが「顔のようなおもちゃ」を好んだり、

「顔が見えてしまう」心霊写真も、これが影響しているらしい。

&nbsp;

「顔」は人にとって、「自然と見てしまう」「注目してしまう」もの。

おのずと、その「表情」も目に入り、人はそこに意味を見出し、

情報を得ているのではないだろうか。

しかし一方で、日本では人の顔をじろじろ見るのは

礼を欠いた行為ともされている。

&nbsp;

以前、笑顔トレーニングの講師である友人から、

「相手に自分の顔を見てもらう方法」を教えてもらったことがある。

ショップ店員が、お買い上げいただいた商品をお客様に手渡す場面で、

お客様が商品を受け取ろうとした瞬間、ほんの少しだけ手を離さずに

力を入れるのだ。

すると、お客様は「何だ?」とこちらを見る。

そのときに、ここぞとばかり「とっておきの笑顔」とともに

「ありがとうございます!またご来店ください」と言うのだそうだ。

&nbsp;

これは、「何が起きているのか?」と不安になり、情報収集するために

相手の表情を見るという傾向をうまく使った「技」なのだそうだ。

積極的に相手の顔を「見ない」という日本人に対応した

見事な「技」といえるかもしれない。

関連する記事